無人搬送車/部分低床型(2ACBP)

最も低い!荷台高さ105mm!!
荷台部分を超低床(105mm)にした部分低床型。超低床の利点を
活かして様々な高さのコンベヤへの移載が可能です。
市販のカゴ台車に潜り込んで牽引することも
できます。載せても引いても
使えるコンパクトAGVです。
■許容荷重/
150kg、250kg、500kg、
1000kg、2000kgタイプあり

Point1

超低床105mm
許容荷重150kg・250kgタイプの一番低い部分が105mm。
荷台部分が最も低いAGVです。昇降機構やローラコンベヤをつけることも可能。 昇降機構をつければ、必要なところでは高くして作業台に、搬送するときは低く して安全に運べます。

Point2

使い方色々
荷物を載せて運ぶだけでなく、カゴ台車の下に潜り込んで牽引することもできます。 微速走行させれば組立ラインでコンベヤ代わりにも使えます。 荷台が低いだけなく、コンパクトボディなので走行場所を選びません。 フレキシブルなラインの構築が可能です。

開発者の声 「1mmでも低くしてほしい」
  小さく低くという要望から開発したタイプです。

開発者:柴田 浩司

105mmって中途半端な数字だと思いませんか。これは自動車メーカー様から組立コンベヤの代わりにAGVを使うために、1mmでも低くという要望にお答えした結果なんです。
ユニットを前方に集中させて配置することで、後方の荷台部分の低床を可能にしています。1番苦労したのは、重心の取り方ですね。物を載せているときは問題ありませんが、重心の取り方が悪いと... 続きを見る

  • 製品仕様

    製品仕様カタログをダウンロードいただけます。

    よくあるご質問

    お客様から多く寄せられているお問い合わせの中からよくあるご質問を掲載しています。 詳しくはこちら

トピックス一覧へ